機械学習

Pandasで複数の株価を一括取得し、チャートを作成する。

投稿日:2017年10月22日 更新日:

複数の株価データを一括で取得し、まとめてプロットしてみます。

前回のPandasで株価を自動取得するの続きです。

スポンサーリンク




pandas-datareaderで一括株価取得

前回同様、pandas-datarederを使っていきます。

pandas-datarederでは米国株の情報、日経平均、為替など、米国株投資で必要な情報はだいたい取れます。

ソースコードは以下の通りです。
取得したいデータの期間と銘柄リストを変更するだけで一括取得できます。

取得しているデータは、dfに調整済終値、df2に出来高を入れるようにしています。

なお、pandas-datareder側のサーバーが不安定で、for文を回している間に途中でエラーになることが結構あります。めげずに回し続けるか、一個ずつ取得すればOKです。

bokehで一括チャート表示

続いて、株価を一括表示します。
今回は、インタラクティブなグラフが書けるbokehで可視化します。

一つの銘柄ごとに3つのチャートを描きます。
値動きと移動平均のチャート、出来高のチャート、移動平均乖離率のチャートです。

ソースコードは以下のとおりとなります。

 出力結果は以下の通りです。

bokehなので実際はマウスクリックで動かしながら分析できます。

bokehによるチャートの可視化

取得できる主なデータや指標

個別銘柄以外で取得できる主なデータは以下の通りです。

データ ティッカーシンボル 備考
日経平均 ^N225 データソース:yahoo,またはgoogle
ダウ平均 ^DJI データソース:yahoo,またはgoogle
人口

indicator = 'SP.POP.TOTL'
country = ['JP','US']

web.download(indicator, country, start, end)
 為替 DEXJPUS データソース:fred

 







-機械学習
-,

Copyright© ただの しかばね のようだ。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.