運用成績

2018.9月の資産公開:年初来+48.8%に続伸。眠れるNVDAがついに目覚めた。

投稿日:2018年9月16日 更新日:

月に一度の資産公開です。

今回でやっとブログをはじめて1年立ったため、今回から前年同期比での資産比較もしてみます。

スポンサーリンク




総資産の推移

年初からの総資産の推移は以下の通りです。

公開時点 総資産額 前月比 前年同月比 入金額
2018/01/01 96,538.58 $ - - -
2018/01/16 117,369.34$ +21.57% - +8,880.41
2018/02/16 120,847.6 $ +2.96% - -
2018/03/16 128,675.92$ +6.31% - -
2018/04/16 116,614.9$
-9.04% - -
2018/05/16 131,758.15$ +12.85% - +4560.79
2018/06/15 143,230.12$ +8.71% - -
2018/07/15 151,868.39$ +6.21% - +9570.34
2018/08/14 160,155.95$ +5.39% - -
2018/09/14 166,891.31$ +4.23% +92.81% -

9月は終わってみれば、前月比+4%と平凡なパフォーマンスでしたが、前月の資産公開をピークに全体的に株価が下落していったなか、NVDAの快進撃によって怒濤の追い上げを見せたため体感的にはもっと上がった月に思えます。

NVDAの上げがピークだった9月1日前後が、総資産ベースで17万ドル超えを達成し、このまま今年の目標まで辿り着くかというところで失速。AMZN、NVDAの大型グロースは再び調整中という感じです。

昨年の9月からブログでの資産公開を始めましたので、ちょうど1年前の比較としては資産ベースで+92.81%と約2倍にすることができました。300万くらいは入金だった気がしますので、単純な運用利回りとしては60%~70%くらいでしょうか。

昨今の米国株市場が好調な恩恵をフルに受けているためこのパフォーマンスが今後も継続するとは楽観せずに、できるだけ高いパフォーマンスは出し続けたいと思います。

ちなみに1年前のポートフォリオは以下の記事を参照ください。1年前は、まだグロース株とディフェンシブ株のバランスを取ろうと考えていた時期もありましました。

 

運用利回り

次に年初からの運用利回り(入金の影響排除後)の推移を以下に示します。

年初来利回りは+48.8%でした。NVDA様が6連騰した時期にパフォーマンスを大きくに改善し、一時、53%までいきました。

8月半ばと9月頭にガクンとパフォーマンスが落ちている部分がありますが、これはポートフォリオを大きく動かしたことにより利益確定がでて、税金としてさっ引かれたことによる見た目上の利回り低下です。

今回は、半ば衝動的にポートフォリオを動かしましたが、中長期で持てるグロース株を売らずに持ちづけるという投資法が、複利効果の恩恵が一番儲かると改めて感じました。

さて、市場ですが、ここ3ヶ月ほど緩やかに上昇基調を継続しており、その恩恵を受けてSPXLのパフォーマンスが改善してきており、マイPFとの差は少しですが縮まってきています。

ポートフォリオの詳細

次にポートフォリオの内訳を見ます。

今回は、NVDAの決算ミスにより一時的に株価が下落したのをチャンスと見て、この一ヶ月でPFを大きく動かしました。結果的には、NVDAのリバウンドを取れたナイストレードになったため、それぞれのPFの内訳を見ていきたいと思います。

  1. ~2018/8/20
    もともとはAMZNとNVDAの2大巨頭で運用していましたが。まさかのNVDAの決算ミスにより、明らかな割安圏に突入。
  2. 2018/8/21~29
    8/20,21の値動きからNVDAの下げ止まりの雰囲気を感じ、ここでAMZNを利益確定し、NVDAに資金を集中。
    結果的にNVDAはこの数日で20%以上の大幅上昇に加え、長らく遠かった新高値を更新しました。ラッキーです。
  3. 2018/8/30~現在
    しかし、ここでAMZNも急に上がり始めます。
    なんやかんやで1900台もう少し調整して2000という節目を達成すると思っていた矢先に、猛烈な勢いで2000に近づくAMZNを見て改めてリバランスを慣行。
    結果、AMZNとNVDAを半数に、ついでに好調なSQも買い増ししました。

ということで、今月は9月は今までに無く大胆にポートフォリオを動かし結構ドキドキしてしまったので数日で元のAMZN,NVDA2大巨頭体制に戻しました。

結局、このあたりが私のリスク許容度なのだと思います。

保有銘柄の値動き

保有銘柄の値動きです。

SQとAYXの年初からのパフォーマンスが高すぎて軸のメモリがエラいことになってますが、AMZN、NVDAも十分、健闘しています。

AYXは8月の急騰後からインしましたが、損切りラインを割ること無く、含み益は10%を超えました。冬のボーナスでそろそろ買い増していきたいです。

まとめと今後のお買い物リストについて

今年の目標達成は見えてきましたが、来年も大きな目標を達成していくために、そろそろ来年の仕込みを考えていきたいと考えています。

来年を見据えるとAMZN、NVDA,SQを三本柱化し、育成枠でAYXの増資と1,2銘柄の追加投資ができればと考えています。

今のところの候補は以下の銘柄を検討中です。新規の投資資金が潤沢に無いため冬のボーナスまでは一旦、お預けですが。

  • MDB:モンゴDB。AI銘柄。AI処理したデータを何でもかんでもぶち込むNoSQL-DBとして密かに人気が高まっている。
  • HIIQ:よく知らないが保険系。IBD50で、ここのところモメンタムが非常に良好。もう一度ブレイクして上に向かっていけばいつでも買えそうな雰囲気なのでファンダメンタルをよく調べたい銘柄。
  • MTCH:これもよく知らないので、要調査。直近の決算でEPS成長率が急上昇。モメンタムも良好。
  • ADBEかCRM:言わずと知れたSaaS系の巨頭。ポートフォリオに安定をもたらすためにどちらかを組み入れることを検討。







-運用成績
-, , , ,

Copyright© AIで米国株研究 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.