運用成績

2018.6月の資産公開:年初来+34%達成。資産1500万円突破。

投稿日:

6/14の資産公開です。

セルインメイは何事もなく終わり、6月になって株価は順調に伸びまくりました。

スポンサーリンク




総資産の推移

年初からの総資産の推移は以下の通りです。

公開時点 総資産額 前月比 備考
2018/01/01 96,538.58 $ - -
2018/01/16 117,369.34 $ +21.57% 入金有( + 8,880.41 )
2018/02/16 120,847.6 $ +2.96% -
2018/03/16 128,675.92$ +6.31% -
2018/04/16 116,614.9$
-9.04% -
2018/05/16 131,758.15$ +12.85% 入金有( + 4560.79) 
2018/06/15 143,230.12$ +8.71% -

ついに6月は14万ドルを突破。前月比で+8.71%と運用だけでかなり好調に資産が増えた月となりました。

後述しますが、持ち株が連日、新高値更新祭りとなったのが効いています。

運用利回り

次に年初からの運用利回りの推移を以下に示します。

年初来利回りは+34.02%です。ついに大台の30%を超えました。この勢いがしばらく続けば年初の目標達成も見えてきます。

年初目標の+54.8%まではあと約20%です。今年も残り半分なので、行けそうな気がします。

市場平均のSPY,その3倍のSPXLも年初来でプラスで+10%弱の運用成績ですね。昨年と比べて上がり一辺倒ではないですが、今年は終わってみれば平年並みの市場環境かも知れません。

私のポートフォリオのAMZNがディフェンシブな力も発揮しているおかげで、下げ局面では強く、上げ局面でもとても強いPFとなっており、結果的に市場平均の4倍以上のパフォーマンスが実現されています。

ポートフォリオの詳細

次にポートフォリオの内訳を見ます。

主力のAMZNとNVDAは変わらずで、特にいじっていません。

ネクストAMZN枠のSQも順調に成長していますので、次のボーナスでもう増資予定です。

ANETはテクニカル的に少し回復してきましたが、前回買ったSPLKは色々あって売却し、AYXを買いました。

AYXは完全な青田買いです。10倍銘柄の候補として打診買いして見ました。

AMZNとかNVDAとかSQは底堅く成長しているのでいいですが、やはりグロース小型株でテンバガーに憧れを抱いているため、その探索もPFを毀損しない程度に続けていきたいと思います。攻めと守りのメリハリをつけるためのPFですからね。

保有銘柄の値動き

過去の保有銘柄も含めた、保有銘柄の値動きです。

年初からのパフォーマンスで見るとSQが圧巻の1位。

今回買ったAYXが2位となってます。

AMZNとNVDAは安定した上がり方で安心感があります。

まとめと今後の投資戦略について

順調なので現状維持です。

今回買ったAYXについては、どこかで紹介記事も書きたいとは思いますが、買った理由は主に以下の理由です。

  • チャートがダブルボトムを形成し、上に突き抜けて新高値を更新中で、買ってもいいタイミング
  • 赤字ながら売り上げ成長率が60%以上とかなり高い。
  • つい最近、私の務める会社でも商材として取り扱い始め、今後も普及が進む「分析ツール」
    (セルフETLツールで、製品名はAlteryx)
  • その際、デモも見せてもらいましたが、そこそこ扱いやすくデータプレパレーションができるツールのため、現在、Tablauを入れているような会社にはセットで入れられるような可能性を感じた。
  • また、サブスクリプションモデルでの継続率が高いという触れ込み。

という、ことで、Tablau社(ティッカー:DATA)と比較しても時価総額がとても小さい企業なので、だいたい同じくらいには成長してくだろうと楽観し、最低3倍、最大で10倍まで目指す株としてポートフォリオに組み込むことにしました。

本当はNOWが欲しかったのですが、似たようなPFの人も多くなったので差別化です。

なお、Alteryxは、データ分析時に必ず必要となり、データ分析業務の70%以上を占める前処理を、UIベースで簡単にできるようにするツールです。TablauやRなどと連携できるため、そのデータを可視化したり分析したりする用途で使われます。







-運用成績
-, , , ,

Copyright© AIで米国株研究 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.