市況

【NVDA】エヌビディアの2017.3Q決算はEPS、売上高、ガイダンスの全てが完璧。全事業で成長中。

投稿日:2017年11月10日 更新日:

11/10の7:00に注目が集まっていたNvidiaの決算発表がありました。

決算発表を前に、この連日で株価を数パーセント下げていましたが、株価は時間外で若干回復しています。

本日夜の市場での値動きに注目です。

スポンサーリンク




3Q決算概要

  • 売上高は前年同期比32%増の26億4000万ドルであり、市場コンセンサス2.46Bを上回りました。
  • GAAP EPSは1.33ドル、前年同期比60%増 であり、市場コンセンサスの0.97を大きく上回っています。
  • すべてのプラットフォームで成長
    • 報告セグメント別収益
      • GPU事業$ 2.2B(+ 31%)
      • Tegraプロセッサ事業、4億1,900万ドル(+ 74%)
    • 市場プラットフォーム収益
      • ゲーム:$ 1.56B(+ 25%)
      • プロフェッショナルヴィジュアライゼーション:$ 239M(+ 15%)。
      • データセンター:$ 501M(+ 109%);
      • 自動車:$ 144M(+ 13%);
      • OEMとIP:$ 191M(+ 3%)
    • GPUの重要性はますます高まっている。GPUの開発者やデータサイエンティストはわずか5年で10倍に増えており、その際、NvidiaのGPU生産量は15倍に増えている。さらに今年のCUDAダウンロード数は5倍の180万ダウンロード数と堅調である。
    • 来年度、世界最大の配送サービス会社であるDHLと共同で、Nvidia DrivePXプラットフォームを利用した自律走行トラックの実証実験を行う予定である。

ガイダンス

  • 売上予測はコンセンサス20億ドルに対し、26億6500万ドル、プラスマイナス2パーセントとなる見込みです。
  • 四半期の現金配当は7%増の1株当たり0.15ドルでした。
  • 会社は2019年度に追加で12.5億ドルを株主に返却する予定です

 

ということで、大注目のエヌビディアも無事、ピカピカの決算報告となりました。

これで、アマゾン、コグネックス、エヌビディアと私のポートフォリオの主要銘柄は今のところ三連勝です。残すは今月末のアンバレラとなります。

 







-市況
-,

Copyright© AIで米国株研究 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.