雑記

Googleの株主への手紙をGoogle翻訳で読んでみる

投稿日:2017年10月6日 更新日:

Googleは株式公開時に株主への手紙を公開しています。

そこには、公開にあたっての決意や、Googleの信念、経営哲学、そこからくる特殊な株式発行形式など、様々な点について述べられており、興味深いものです。

今回は、Googleの上場時の手紙を、Google翻訳を使って翻訳したものを紹介します。
(とんでもなく長いです。)

スポンサーリンク




 

上場時のGoogleからの株主への手紙

 前書き

Googleは従来の会社ではありません。私たちは一つになるつもりはありません。

非公開会社としてのGoogleの進化を通じて、私たちはGoogleを別に管理してきました。私たちはまた、創造性と挑戦の雰囲気を強調しました。これは、世界中の私たちに頼っている人々のために、公平で正確で無料の情報アクセスを提供するのに役立っています。

今、会社が公的所有権に移る時が来ています。この変更により、当社の従業員、現在および将来の株主、顧客、そしてとりわけGoogleユーザーにとって大きな利益がもたらされます。しかし、公有地の標準的な構造は、Googleの過去の成功において最も重要だった独立性と焦点を絞った客観性を危険にさらす可能性があり、その将来にとって最も基本的なものと考えています。

そのため、当社は、Googleの最も顕著な特徴を革新し、保持する能力を守るために設計された企業体制を導入しました。長期的に見ると、これはGoogleとその株主、新旧の利益につながると確信しています。私たちは、私たちの計画とその背後にある推論と価値を明確に説明したい。 Googleへの投資を検討しており、この手紙を読んでいることを嬉しく思っています。

セルゲイと私は年1回の報告書に毎年このような手紙を書こうと思っています。あなたが私たちのそれぞれから直接聞くことができるように、手紙を書いていくつもりです。この目論見書の残りの部分と併せてこの書簡をお読みになれば幸いです。

エンドユーザーにサービスする

Sergeyと私はGoogleが世界に重要なサービスを提供できると信じていたため、Googleを設立しました。エンドユーザーにサービスを提供することは、私たちの行うことの中核であり、最も重要な課題です。

私たちの目標は、できるだけ多くの人の生活を大幅に改善するサービスを開発することです。

この目標を達成するためには、たとえ短期間の財務リターンが明らかでないとしても、世界にプラスの影響を与えると思われるものを実行する可能性があります。たとえば、90を超える言語をサポートし、ほとんどのサービスを無料で提供することで、可能な限り広くサービスを提供しています。

広告は当社の主要収入源であり、当社が提供する広告は、煩わしく煩わしいものではなく、関連性が高く有用である。ユーザーに大きな商業情報を提供するよう努めています。

私たちは、私たちが作り出した製品を誇りに思っています。私たちが将来創造するものが世界にさらに大きな影響を与えることを願っています。

長期的な焦点

民間企業として、私たちは長期的に集中してきました。公開会社として、同じことをします。

私たちの意見では、外部からの圧力は、企業が四半期市場の期待を満たすための長期的な機会を犠牲にすることを余儀なくされることがよくあります。時にはこの圧力によって、企業は「四半期を稼働させる」ために財務業績を操作することがありました。ウォーレン・バフェットの言葉では、「四半期ごとの業績や年次業績を「平準化」しません。彼らがあなたに達するときに塊状になる。 "

当社が短期的な結果を犠牲にする可能性があるが、長期的には株主の利益に最善を尽くす機会が生じた場合、当社はその機会をとる。私たちはこれをやるべき不屈の精神を持っています。株主の皆様には長期的視点をとるようお願いします。

あなたは長期的にどれくらいの期間を尋ねるかもしれません通常、プロジェクトは1年または2年以内に何らかの実現利益または進展を期待しています。

しかし、私たちは可能な限り先を見据えています。ビジネスとテクノロジーの急速な変化にもかかわらず、現在何をすべきかを決めるために、3〜5年のシナリオを検討しています。我々は、これらの複数年のシナリオ全体の利益を最大限に活用しようとしています。私たちはこの戦略を強く主張していますが、技術においては多年にわたる良い予測をすることは困難です。

多くの企業は、アナリストの予測に沿って収益を維持するという圧力を受けています。したがって、彼らはしばしば、より大きく予想されない収益よりも小さく、予測可能な収益を受け入れます。セルゲイと私はこれが有害であると感じており、私たちは反対の方向に向かうつもりです。

Googleは事業資金を確保するために十分な現金を有しており、現金を通じた運営を追加しています。

これにより、コストを引き上げ、機会を享受し、長期的な収益を最適化する柔軟性がもたらされます。たとえば、Googleの広告システムでは、双方向の収益に影響を及ぼす多くの改善が行われています。これらは、エンドユーザーの関連性と満足度、広告主の満足度、パートナーのニーズ、ターゲット技術などの分野にあります。

遅れが "スムーズな"財務結果をもたらすかもしれないが、我々はそれらを遅らせるのではなく、直ちに改善をリリースする。四半期をより予測可能にするのではなく、長期的な価値を達成するために迅速に実行するというコミットメントがあります。

私たちの長期的な焦点にはリスクがあります。

市場は長期的な価値を評価することができず、潜在的に当社の価値を低下させる可能性があります。私たちの長期的な焦点は単に間違ったビジネス戦略かもしれません。競技者は短期的な戦術に報いられ、その結果としてより強くなる可能性がある。潜在的な投資家として、長期的な視点でリスクを検討する必要があります。

当社は、会計上の考慮に基づくものではなく、当社および株主の長期的な福利厚生を意識して事業意思決定を行う。

私たちは事業の長期的な動向を議論するかもしれませんが、伝統的な意味で収益のガイダンスを出すつもりはありません。

私たちは、四半期ごとに狭い範囲内で事業を予測することはできません。当社は、株主利益を前進させることが当社の義務であると認識しており、人為的に短期的な目標数値を作成することは、株主にとって不十分であると考えている。私たちは、このような予測をするように求められないことを望み、尋ねられれば、敬意を表するでしょう。一連の短期的な目標に気を取られていた経営陣は、30分おきに尺度を歩んでいるディーターほど意味がない。

リスクと長期的な報酬

当社の事業環境は急速に変化し、長期的な投資が必要です。有望な新しい機会に大きな賭けをすることを躊躇しません。

短期的な収益圧力のために、リスクの高い、報酬の高いプロジェクトは避けていきます。私たちの過去の賭けのいくつかは非常にうまく行きました。私たちは長期的な成功の鍵であるそのようなプロジェクトの追求を認識しているので、私たちは引き続きそれらを探し求めます。

たとえば、長期的に10億ドルの収益を得る可能性のあるプロジェクトに資金を提供します。私たちが現在のビジネスと比較して非常に投機的または奇妙に思われる領域に小さなベットを置くと、驚かないでください。リスクへの報酬の割合が増加するにつれ、具体的なリスクのレベルを定量化することはできませんが、現行ビジネス以外のプロジェクト、特に当初の投資額が現行ビジネスへの投資レベルに比べて小さい場合は受け入れます。

当社の従業員は、通常のプロジェクトに加えて、Googleの利益を最大限に生かしていると思うものに20%の時間を費やすことを推奨します。これにより、より創造的で革新的なものになることができます。

私たちの重要な進歩の多くはこのように起こっています。たとえば、コンテンツ向けAdSenseとGoogleニュースは、どちらも「20%の時間」に試作されました。ほとんどの危険なプロジェクトは激しく、何かを教えてくれることがよくあります。成功して魅力的なビジネスになる人もいます。

長期的には最大限の価値を追求するため、新たなプロジェクトの損失や他社の利益を認識するにつれて、四半期ごとのボラティリティが発生する可能性があります。リスクと報酬のレベルをより正確に定量化したいと思っていますが、これは非常に困難です。リスクの高いプロジェクトに興奮しているにもかかわらず、私たちは、当社の主要リソース(現在の検索と広告)の改善にリソースの大部分を費やすことを期待しています。ほとんどの従業員は、自然に発生する傾向がありますので、コア領域の段階的な改善に自然に惹かれます。

Googleは三国志としてGoogleを運営しています。 Sergeyと私は過去8年間、Googleで5人、緊密に協力してきました。 CEOのエリックは3年前にGoogleに加わった。私たちの3人はSergeyと私をPresidentsとして協力して会社を経営しています。構造は独特ではありませんが、我々はこのようにうまくいっています。

タイムリーな意思決定を促進するために、Eric、Sergeyと私は毎日会い、お互いにビジネスを更新し、最も重要で直ちに問題に取り組んでいます。

決定はしばしば私たちの一人によってなされ、他の人は後で説明される。これは、私たちはお互いに大きな信頼と尊敬を持ち、一般的には同じように考えるからです。私たちの強烈な長期的な働き関係のために、我々はしばしば私たちの間で意見の違いを予測することができます。

私たちが同意しないときは、正しい決定ははっきりしていません。重要な決定については、タスクに適した大規模なチームと問題について話し合います。相違点は、議論と分析を通じて、そしてコンセンサスに達することで解決される。

エリック、セルゲイと私は重要な内部紛争のない会社を経営していますが、健全な議論があります。さまざまなトピックが登場するにつれ、私たちはしばしば意思決定責任を私たちの一人に委譲します。

私たちはSergeyの経験豊かな補完者としてEricを雇いました。 EricはSun MicrosystemsのCTOでした。ノベルのCEOでもあり、博士号を取得しています。コンピュータサイエンスでは、Googleの科学技術文化を考えると、Googleにとって非常に異例で重要な組み合わせです。私たち3人の間のこのパートナーシップは非常にうまくいっており、私たちはそれが続くことを期待しています。私たち3人全員から共有された判断と余分なエネルギーがGoogleに大きな恩恵をもたらしました。

エリックはCEOの法的責任を負い、副社長と営業組織の管理に重点を置いています。セルゲイはエンジニアリングとビジネスの取引に重点を置いています。私はエンジニアリングと製品管理に焦点を当てています。私たち3人は、会社の経営全般やその他の変動するニーズにかなりの時間を費やしています。 Googleには、Googleの管理を監督する理事会もあります。当社には、財務、営業、エンジニアリング、人事、広報、法務、製品管理などの分野における日々の業務を管理する有能な執行スタッフがいます。私たちは非常に幸運なことに、会社を経営し、信用を受ける資格がある今日の場所に成長した才能ある経営陣を持つことができます。

企業構造

私たちは、長期にわたる安定性のために設計された企業体系を作り出しています。 Googleに投資することで、チーム、特にSergeyと私、そして私たちの革新的なアプローチに、珍しい長期的な賭けをしています。

Googleは、Googleが重要かつ重要な機関になりたいと考えています。それには時間と安定と独立が必要です。私たちは、メディアとテクノロジー産業を橋渡ししており、どちらもかなりの統合と敵対的買収を経験しています。

公有地への移行では、社外の当事者がGoogleを引き継ぐ、またはGoogleに影響を及ぼすことを困難にする企業体制を構築しました。この構造は、経営陣が早期に強調した長期的で革新的なアプローチに従うことも容易にします。二重クラス投票構造と呼ばれるこの構造は、この目論見書のどこかで説明されています。当社が提供しているクラスA普通株式は1株当たり1票を有し、多くの現株主が保有するクラスB普通株式は1株当たり10票を有する。

この構造の主な効果は、私たちのチーム、特にSergeyと私を、Googleの株式が手を差し伸べるにつれて、会社の意思決定と運命をますます支配するようにしてしまう可能性があります。 IPO後、Sergey、EricとIはGoogleの議決権の37.6%を支配し、グループとしての経営陣と取締役は議決権の61.4%を支配する。新規投資家は、Googleの長期的な経済的未来を完全に共有しますが、議決権を通じて戦略的決定に影響を与える能力はほとんどありません。

この構造はテクノロジー企業にとっては珍しいものですが、同様の構造がメディアビジネスでは一般的であり、そこでは非常に重要な役割を果たしています。ウォールストリートジャーナルの出版社であるニューヨークタイムズ・カンパニー、ワシントン・ポスト・カンパニー、ダウ・ジョーンズは、すべてデュアル・クラスの所有構造に類似しています。メディアオブザーバーは、デュアルクラスオーナーシップが、四半期業績の変動にもかかわらず、これらの企業が深刻な報道への中核的かつ長期的な関心に集中することを可能にしたと指摘している。 Berkshire Hathawayも同様の理由でデュアルクラス構造を実装しています。企業の中核的価値を進化させる長期的な成功の観点から、この構造は明らかに利点であると考えています。

いくつかの学術研究は、純粋に経済的な観点から、デュアルクラス構造が企業の株価に悪影響を及ぼさないことを示している。他の研究では、デュアルクラス構造が株価に悪影響を及ぼしていると結論しており、Googleとは異なることを保証することはできません。当社の各クラスの株式は、同一の経済的権利を有し、議決権に関してのみ異なる。

Googleは民間企業として繁栄しています。

私たちは、デュアルクラスの投票構造により、公開企業としてGoogleが非公開の多くの肯定的な側面を保持できるようになると考えています。

一部の投資家は二重クラス構造を好まないと理解しています。私たちの二重クラス構造は、Googleの利益をもたらす行動を取る能力をGoogleの株主全体に与えるのではなく、私たちはこの考え方を慎重に検討しており、私たちと理事会は私たちの判断を軽視していません。新しい投資家を含め、Googleに関係するすべての人がこの構造から利益を得ると確信しています。ただし、Googleとその株主は、これらの利益を実現できない可能性があることにご留意ください。

さらに、当社は最近、3名の追加メンバーを含むよう取締役会を拡大した。 John Hennessyはスタンフォード大学の学長であり、コンピュータサイエンスの博士号を取得しています。 Art LevinsonはGenentechのCEOであり、Ph.D.生化学においてPaul OtelliniはIntelの社長兼COOです。これらの取締役の能力と経験について、私たちはもっと興奮することはできませんでした。

Googleは、Googleの使命に熱意を示し、Googleの成功を担う世界的な管理チームを抱えていると考えています。デュアルクラス構造によってもたらされる安定性は、私たちが独自の文化を保持し、Googleの生命の献血である才能のある人を引き付けて引きつけることを可能にします。私たちの同僚は、彼ら自身と、勤勉、恋愛、創造性の労働は、安定性と長期的な視野に立った企業によって十分に配慮されると信じています。

投資家として、あなたは特にセルゲイと私のチームに潜在的に危険な長期ベットをしています。私たちの二人、エリックとその他の経営陣は、私たちの個人的および集団的利益が、Googleをサポートすることを選択した新しい投資家のものと深く紐付けられていることを認識しています。

Sergeyと私はGoogleに長期的に取り組んでいます。より幅広いGoogleチームは、長期的な成功への卓越した取り組みを実証しました。継続的な努力と幸運によって、この約束は持続し、繁栄します。

Sergeyと私がGoogleを設立したとき、私たちは期待していましたが、期待はしませんでしたが、現在の規模と影響力に達するでしょう。われわれの強く、永続的な関心は、人々が情報を効率的に見つけるのを客観的に支援することでした。

私たちはまた、世界中の情報を検索し整理することは、信頼できる公共財に関心を寄せる企業によって実行されるべき非常に重要な作業であるとも考えていました。我々は、機能している社会は、質の高い情報への豊富で、自由で公平なアクセスを持つべきであると考えている。したがって、Googleは世界に責任を負います。二重クラス構造は、この責任が確実に満たされるようにします。この責任を果たすことは、株主の皆様に価値を提供するものと確信しています。

IPOの価格設定と割り当て

小規模投資家と大規模投資家の両方を含むIPOの公正なプロセスを持つことが重要です。 Googleと現在の株主のために良い結果を達成することも重要です。

これにより、オファー全体のオークションベースのIPOを追求することができました。 Googleの目標は、Googleのビジネスと株式市場の変化に基づいて合理的に動くGoogleの市場評価を効率的に反映する株価を取得することです。 (オークションのプロセスについては、この目論見書の他の箇所で詳しく説明しています)。

多くの企業が株式公開しているのは、長期的には投資家や投資家を傷つける不当な投機、小さな株式フロー、株価の変動などに悩まされています。我々は、オークションに基づくIPOがこれらの問題を最小限に抑えると信じていますが、保証はありません。

オークションは、米国におけるIPOのための珍しいプロセスです。オークションベースの広告システムでの私たちの経験は、IPOのためのオークション設計プロセスに役立っています。株式市場のように、人々が利用可能な株式よりも多くの株式を買って高値で入札すると、IPOの価格は高くなるだろう。

もちろん、入札者が不十分であるか、または人々が低価格を請求する場合、IPO価格は低くなる。これは簡単ですが、基本的な問題を取り上げています。私たちの目標は、IPOおよびアフターマーケットでの当社株式の価格を、効果的な市場価格、つまり合理的かつ情報提供されたバイヤーおよび売り手によって設定された価格を反映させることです。

私たちは、IPO後の日には比較的安定した価格を達成しようとし、買い手と売り手はIPOで効率的な市場価格を受け取るようにします。私たちはこの成果を達成しようと試みますが、もちろん成功することはありません。比較的安定した市場価格を達成するという私たちの目標は、Googleがアンダーライターとの間で、公募価格をオークション決済価格以下に設定することになる可能性があります。

当社は、IPO時代以降の投資家の需要を満たす十分な株式を創出するよう努めている。当社は、現在の株主に、株式の一部を売却益として考慮することを奨励している。これらの株式は、投資家のためにより多くの供給を提供し、うまくいけばより安定した価格を提供するために、同社が販売する株式を補完します。

セルゲイと私は、現在、IPOの株式の一部を売却する予定です。現在の株主がより多くの株式を売るほど、価格が不公正に低いとは考えにくい可能性が高い。利用可能な株式の供給は、オークションの清算価格に影響を与える可能性が高い。売却される株式数は高値で大きく、低価格で小さくなる可能性が高いため、投資家はIPOにおける現在の株主参加の範囲を検討したいと考えている。私たちは時折、ある価格で買い手ではなく売り手であることを伝えるかもしれません。

当社は、小規模投資家と大規模投資家の双方に包括的IPOを計画していますが、「オークションプロセス」に記載されている様々な理由により、関心のある投資家がIPOの株式を受け取ることはできません。

我々は長期的に投資したいと思っています.Googleの株式公開直後にGoogleの株式を売却することは期待してはいけません。我々は、価格が長期的に持続可能ではないと考えている場合には、IPOで、またはしばらく後にGoogleに投資しないことを推奨します。長期的にも、Googleの株価は下落する可能性があります。

株主の皆様に十分な情報を提供するための措置をとる予定です。この目論見書、特にリスク要因セクションをお読みになることをお勧めします。我々は、価格に注意を払わずに短期間の投機が、特に私たちのオークションの構造でお金を失う可能性が高いと考えています。特に、Googleのオークションを通じてGoogleに投資すると、IPO後の投資価値が大幅に低下する可能性があることに注意してください。

Google社員

Google社員という名前の社員はすべてです。 Googleは、優れた技術者やビジネスマンの才能を引き付けて活用する能力を重視して構成されています。我々は多くの創造的で、原則的で、勤勉な働く星を募集することができて幸運でした。私たちは将来もっと多くの人材を募集したいと考えています。私たちは彼らに報いを与え、よく扱います。

私たちは、無料の食事、医師、洗濯機など、従業員には多くの珍しい利益をもたらします。

我々は、これらの利点の会社への長期的な利点を考慮するように注意しています。時間をかけて恩恵を受けるのではなく、利益を追加することを期待してください。私たちは、従業員のかなりの時間を節約し、健康と生産性を向上させることができる給付に関して、ペニー賢明で愚かなことは簡単だと信じています。

Googleの重要な従業員の所有権は、今日の私たちのものです。

従業員の才能のため、Googleはコンピュータサイエンスのほぼすべての分野でエキサイティングな仕事をしています。私たちは非常に競争の激しい業界で、製品の品質が最優先です。

才能のある人々は、Googleが世界を変える力を与えるので、Googleに引き付けられます。 Googleには、個人が異なることを可能にする大規模な計算資源と流通があります。私たちの主な利点は、従業員が貢献し成長することができる重要なプロジェクトがある職場です。私たちは、才能のある勤勉な人々がGoogleへの貢献と世界をより良いものにするために報いられる環境を提供することに焦点を当てています。

邪悪なことはしないで

悪にならないでください。当社は、長期的には、短期的な利益を逃しても、株主として、そして他のすべての方法で、世界のために良いことをする企業によってより良くなることを強く信じています。これは私たちの文化の重要な側面であり、広く社内で共有されています。

Googleユーザーは、医療、財政その他多くの重要な決定を支援するためにシステムを信頼しています。

私たちの検索結果は、私たちが生産する方法を知っている最高のものです。彼らは公平で客観的であり、私たちは彼らのための支払いを受け入れることはしません。また、関連性を高めるために努力している広告も表示し、明確にラベルを付けます。これは、広告が明瞭で記事が広告主の支払いの影響を受けていない、うまく運営されている新聞に似ています。人々があなたに見てもらうために支払う情報だけでなく、すべての人が最高の情報と研究にアクセスできることが重要だと考えています。

世界をより良いものにする

私たちは、Googleを世界をより良い場所にする機関にしたいと考えています。

この目標を達成するために、株主、従業員、顧客およびビジネスパートナーに対する責任を常に心がけています。 Googleの製品では、世界中の人々や情報を無料で接続しています。

効率的な1ギガバイトのGmailアカウントを無料で提供する、Gmailなどの他の強力なサービスを追加しています。主にGmailのターゲットを絞った広告よりもプライバシーに関する問題を提起している人々がいることはわかっていますが、これはGoogleについて否定的な認識につながる可能性があります。ただし、Gmailはユーザーのプライバシーを保護すると考えています。 Gmailなどのサービスを無料で公開することで、デジタル格付けの橋渡しをしてくれることを願っています。

AdWordsはユーザーと広告主を効率的に結びつけ、両方をサポートします。

AdSenseは膨大な種類のオンラインウェブサイトに資金を提供し、他には出版することができなかった作家を可能にします。

昨年、Google Grantsを作成しました。このプログラムでは、環境、貧困、人権などの問題に取り組んでいる何百人もの非営利団体が無料広告を受け取ります。

そして今、私たちはGoogle Foundationを設立しています。従業員の時間、Googleの株式と利益の約1%を何らかの形で支出するなど、財団に重要なリソースを提供する予定です。私たちはいつか世界の問題の最大のものにイノベーションと重要なリソースを野心的に適用することによって、世界的な影響の面でGoogle自身を失望させてくれることを願っています。

まとめと結論

Googleは従来の会社ではありません。

Eric、Sergeyと私は、非公開会社として発展した価値を公開企業としての未来に適用するために、Googleを別の方法で運用するつもりです。

私たちの使命と事業の説明は、この目論見書の残りの部分で利用できます。この情報を慎重に読むことをお勧めします。私たちは、四半期ごとに円滑な利益を出そうとするのではなく、長期的に最適化します。

当社は、選択されたリスクの高い、報酬の高いプロジェクトをサポートし、当社のプロジェクト・ポートフォリオを管理する。私たちはCEOのEricと共同で3名のチームとして会社を運営します。

私たちは株主のための信任状としての義務を意識し、その責任を果たします。私たちは創造的で献身的な新入社員を引き付けるために引き続き努力し、新しい株主からの支持を歓迎します。ユーザーの信頼を維持し、検索結果の支払いを受け入れないことで、私たちは「悪くない」原則に従います。私たちは安定性と独立性に偏った二重クラス構造を持ち、特にセルゲイと私のチームに賭ける投資家を必要とします。

この手紙では、IPOオークションの方法と、すべての投資家のための安定性とアクセスのための希望について話しました。私たちは長期的な投資をする投資家を抱えるという目標を議論しました。最後に、才能あるGoogle社員を維持して引きつけることで、Googleの成功を牽引する理想的な職場環境を作りたいとの願いがありました。

私たちはあなたの質問を予感させようと努力しました。私たちの提供プロセス中に法的制約を受けて対応することは困難です。私たちは、新しい投資家である皆様との長期にわたる豊かな関係を楽しみにしています。私たちはあなたの会社を理解するのに役立つこの手紙を書きました。

私たちは、世界中のユーザー、コミュニティ、ネットワーク上のWebサイト、広告主、投資家、もちろん従業員に強い関心を持っています。 Sergeyと私とチームは、Googleを長期的に成功させ、世界をより良い場所にするために全力を尽くします。

まとめ

Googleからの手紙を超絶ざっくり要約すると以下の通りです。

  • エリックとセルゲイと私は非公開企業として、今までやりたいことをやって、成長してきたから公開しても好き勝手やるよ
  • 何せ俺たちは天才だし、長期的に世の中を良くし続けるという使命を持ってるからね。
  • だから、短期の業績でとやかくいうのをはやめてよね。俺たちは2、3年とかじゃなくてもっと先を見て事業をしてるからさ
  • あと、俺たちはリスクを取ることを恐れないよ。むしろガンガンいこうぜ派だよ。
  • そうそう、そんな3人が会社を好き勝手できるように、公開するけど新規株主には議決権を渡さないよ。経営幹部だけで61%の株を占有しちゃうからね。
  • そんなこんなで、天才の3人が協力して経営し、優秀な社員が健やかに働けるGoogleってマジサイコーだから、とやかく言わずに長い目で見ててよ。

これからIPOをしようとしているベンチャー社長としてもイケイケ感が伝わってくる手紙です。
中国共産党を彷彿とさせる独裁主義的な匂いがいかにもベンチャーっぽいです。

他の経営者なら批判を受けそうな内容ですが、実際、Googleは上場後もサービスを生み出し続け、株価は飛躍的に成長しています。

一部の天才が統治する独裁は良い独裁ということでしょう。

まぁ実は、今回、一番驚いたのはグーグル翻訳の精度なんですけどね。なんか普通に日本語として読めて凄いと思いました。

 

 

 







-雑記
-

Copyright© AIで米国株研究 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.